読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おおかみこどもの雨と雪

を旦那さんが地上波で見ている。

おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)

私はこれを、知人の好意で公開当初の試写会で見たのだが、一緒に見に行った当時の恋人にかなり尊大で白ける感想を漏らしたことを思い出す。

「この映画は母親の母性を過大に神聖なものとして描いている。母親は自己犠牲的で奉仕的、という紋切り型の母性神話を現代の物語として描きなおすことで、女性は生来奉仕的な存在なのだ、そうあるべきだというイデオロギーを現代日本の女性に押し付けている。そのような押し付けがましい母性礼賛が女性を檻に閉じ込める」

みたいな。

か、かわいくね〜。

お前の批評自体が紋切り型だよ、みたいな。

しかし、今改めて見てみても、なんだかいい気分はしない映画だった。男だけが社会の柵から旅立つことができ、女は格闘しながら社会に飲み込まれていく、という感じがして、いやだ。

母親になって子供の巣立ちを経験した人は、この母親の苦労や苦悩を感慨深く温かく眺められるのだろうか。未だ母になることを知らない私には「シングルマザーってのは損だなオイ」と寂しい感想しか抱けない。

旦那さんはいう。自分の母親もシングルマザーで、自分と弟が激しい喧嘩をした時、こうだったと思うよ、と。聡明で努力家のシングルマザーに育てられた、優しくて自立心のあるこの人が、母親になる未来が来ることはない。私も、お義母さんの経験をそのままなぞり、心境を理解することはできないだろう。

でもなんかやっぱり、男の描く女は理想とリアリティのバランスが偏っている場合が多くて、女としては共感できないな。女の描く男も然り。現物を真剣に観察していないから穴だらけの異性像になり、その穴を妄想と理想で埋めて提出する。結果、現実味のない人物像になり、謎の多いファムファタールやありえない聖母像、薄気味悪い睦言まみれのジゴロが生み出されるのだろう。

「サマー 500日の彼女」のサマーもそうだった。私は、ペドロ・アルモドヴァル以外の男が描く女に未だリアリティを感じたことはないぞ。

こんなものばっかり世の中にあふれているから、女もそれが努力目標だと勘違いしてしまう。若い女がみんなアリエナイ漫画巨乳に本気で憧れ始める。私は、半ば本気でそう思っている。

だから、その年で田嶋陽子気取りかよ、と言われようとも、やっぱりこういう批判はし続けないといけないと思うんだよなぁ。

旦那さんには言わないけど。

お義母さんは多分雨と雪の母親を地でいった人なんだと思う(自由意志で)から、この映画のイデオロギーを批判することでお義母さんに砂をかけるようなことはしたくないのだ。ふくざつ。

滅びゆく地球とともに

思う存分暗くて自虐的な徒然を一つ。

街に出たり、スーパーに行ったり、ニュースを見ているだけで陰鬱な気分になることはないだろうか。これは、この間記事にした「憂鬱」とは別の気分を指しているのだけれど…。

私は思春期あたりからメランコリックな性格が形成されてきて、物事に対して基本的に悲観的な考え方をする。大人になってから知ったのだが、メランコリックというか鬱病の人の悲観的なものの見方というのは、鬱でない健常者の見方よりも冷静で客観的、的を射ているらしい。

『明日の幸せを科学する』という本の中にこんなくだりがあった。

たぶん 、コントロール幻想の一番奇妙な点は 、幻想が生じることではなく 、幻想するだけで真のコントロールがもつ心理学的な効用の多くが得られることだろう 。この幻想がほとんど生じないと思われる人の中に 、臨床的にうつの人たちがいる 。うつ病の人たちは 、自分のコントロールがおよぶ程度をほとんどの場面で正確に予測する傾向がある 。こうしたさまざまな知見から 、コントロールする感覚は 、現実のものも幻想のものも精神衛生の源の一つだと結論づける研究者もいる。

それが予測として正確でないとしても、楽観的で希望的な観測が人を健康な明日に導くらしい。

カラパイアでも似たような記事が上がっていたことがあった気がする。

あった

我々は来るべき現実を冷静に想像してしまうと精神的に病む好ましくない現実から目をそらすことで、辛うじて前向きに今日を生きている

このことを知ってから、自分の悲観が誇大妄想(?)ではないというおかしな自信が出てきて、憂鬱ながら生きるのが大分楽になった。何を「客観的」と呼ぶかはまたポモ的ポスコロ的な限界があるのだろうが、それは一先ず脇に置いておいて。

なんだ、人間はみんな冷静になれば鬱になるのか。

感動的なほど効率的な飼養過程を経て、同じく感動的なほど効率的な流れ作業で精肉されたであろうブラジル産の鳥モモ肉100g 98円を手に取る時に「人類は戻れないところまで生命倫理を破壊してしまった」と感じることも、「核戦争かパンデミックか何かで100年以内に地球は人間の住めない環境になるよ」というホーキング博士の言葉に「然もありなん」と頷くことも、グローバリズムという名の世界規模の搾取構造がもはや自然破壊や環境汚染レベルの計測を不能にしてしまっているという直観も、何もおかしいことではないのだ。

これまでの人類史を鑑みるに、いくら倫理の軽視を反省する人が出てきたところで資本主義の名を借りた欲望増長システムを解体することはできないし、止まらない列車の上で必死で足掻きもがいても地球崩壊は止められないわけだ。エコを叫びながら貴重な資源をタンマリ使った新商品をPRする企業は、増えることはあっても減ることはないだろう。

自分の描いてきた上記のような未来像ないし現代認識が、妄言ではなく鬱傾向ゆえの冷静な未来予測なのだと思えるようになり、考えることは何も変わらないのだが心が妙に落ち着きを見せてきた。

なるほど、私のディストピア妄想が冷静な予測なのだとすれば、地球はその起源時点から壮大な自滅シナリオのエピローグに向かって進み続けていたわけで、さらに言えば人類は(人類の恐ろしいまでの浅ましさは)、地球悲劇の元凶ではなくこのシナリオにおける単なるトリックスター、一演者に過ぎないのではないだろうか。

ここまで考えてようやく心は落ち着く。なんだ、恐れることはない。物語は昔からのシナリオ通りに進んでいるだけだ。胸締め付けられることはない、人間は単に破壊者の役割を背負わされただけだ、と。

いくら頭で世を儚んだところで自分一人では死ぬに死ねないさもしい似非ニヒリストは、こうしてなんとか生き長らえる言い訳を確保するのだ。実にバカバカしいと思う。

明るく役に立つことを書こうといつも思うのだけれど、結局こうして古巣に落ち着いている私です。ときどきはね。

私のうつ回避法

最近1ヶ月ほど、心身の調子が非常に良くなかった。トライアンドエラーを繰り返して持ち直したので、自分なりのコツを書き残しておく。

1.原因を探すな

まず、憂鬱や疲れっぽい状態が長く続いていて、色んなことが嫌になっている時は、無理に原因を突き止めようとしない方がいい

原因がハッキリしていればいいが、どん底の時にそういう目で世界を眺めると、あらゆる物が原因に見えてしまって余計憂鬱が増幅すると思う。

世の中は「分かったところで今すぐ根本解決できない」ことだらけだし。

こういう時は、対処療法でもってドン底の状態を抜け出すことがまず先決。精力剤を一発ブスッと打って、長期入院の準備をするみたいに。

2.俺のパイロットは、俺だ

で、何をやっても憂鬱な時は、自己コントロールが失われていることが多いらしい。根拠と引用は後述として、要は誰かや何かに心身の自由を奪われてると、生きる希望を失うのだ。そりゃそうだ。でも、人は不都合な事実から目を背ける。自分が支配されていることからも目を逸らしがちで、意外と気付かないものらしい。

じゃあどうすれば自分を自分の手に取り戻せるのか?

根本解決を抜きにした時、私の場合はこれだった。

  1. 筋トレ
  2. 突然の有休

筋トレ

筋トレの何がいいかというと、

  • 体を動かすだけで気分が上がる
  • やってすぐ、効果を感じる

とこだと思う。

体を動かすと血流が良くなって、ポカポカカッカしてきて、その身体状態に精神がつられるのを感じる。そして、キツイところをもう1セット頑張ってみると、筋肉が張って痛くなって、自分の努力が即結果に繋がっている実感がある。週に2、3日筋トレするのが今や日課になっている。

突然の有休

計画的に、ではダメなのだ…。

その日合わせで巻き気味にタスク消化して、誰にも迷惑かけないように調整つけて、と予定調和で得る休みではダメ。苦しい自分のために、休みを取ってやる。そうやって、自分はタスクより優先されるべき存在なんだと、自分自身に気付かせてやることが大事なんだと思う。

風邪で倒れそうになりながらも仕事に向かう癖がついていると、突然の有休というのもなかなか抵抗があるが、ここで休めなければ「逃げ場がない」感覚が増幅するだけ。

おまけ・漢方は即効性がある

実は漢方が一番効いたかも知れない。

幼児の癇癪や女性の血の道症(月経周期に関連するもろもろの不調)に効能があると謳われる漢方を、藁にもすがる思いで一週間ほど服用した。なんと、初めて飲んだ晩から大分調子が良くなった。

漢方は、症状や体質に合っているならば美味しく感じ、またものによっては服用後早々と効果を感じられるらしい。

西洋薬と違って全般的に依存性や副作用が少ないので、困った時はガンガン頼ろうと思う。

本来の効能の有無に関わらず、プラシーボって効果あるらしいしね。。

おまけ・自己コントロール感について

記憶に新しい「電通高橋まつりさん過労死事件」の時、こんな記事が出ていた。

 私たちが自尊心を守るために一番大切なことは「自己コントロール感」(自分のことは自分で決められる)を持つことであるのは、心理学の研究から実証されています。

 ベンチャー企業などでは、上の人ほど365日休みなく働いていて相当な過重労働なのですが、自らベンチャー企業へ身を投じた人が倒れてしまう話はあまり聞きません。

 なぜなら多くの場合、彼または彼女が自分の意志でそうしているからです。裁量権が大きいから、ストレスをほとんど感じていないのです。だから長時間労働も耐えられる。

どんなストレスも自由意志でなら耐えられるが、強制されてやるのならば心が蝕まれる。雇われたり指図されて生きる身の人は、「あの子はもっと頑張ってるんだから」と他人と比較する前に、自分の身の不自由さを考慮した方がよさそうだ。

連続更新やめ〜〜

ちょっと最近心身のバランスが崩れているので、更新停止〜。

自分に課したノルマを守れないと自己肯定感が…みたいな話もありますが、書くことがプレッシャーにならないのは今のうち。

何日も何日も考えて公開できないのは問題だが、推敲を一度もしない書き殴りの(こんな感じの)文章を公開してもストレスにしかならん笑。

アトピーのお勉強

だんなさんに悪いことしてしまったな。 彼の辛い症状を「気にしない」素振りで暮らせば、彼の気も楽だろうと思っていた。それが行きすぎて「真剣に向き合わない」姿勢になってしまっていたな。

反省して、勉強する。 気になった記事などをここにまとめていく。

包括的なまとめ

マクロビ食など

アトピーの原因・症状・治療方法などを中心に、体にいいことをまとめた備忘録 - カラダMEMO

アトピっ子のお母さんの記録。まだ全部は読めてないが、マクロビ的食生活で改善した例の模様。対照的に、MEC食(肉、卵、牛乳とかをガンガン摂取する)で改善した例もあるらしい。

渡米治療

そのどちらでもない方法、渡米治療。

アトピー女優

ちょっと遠い世界のこと過ぎて頭がついていかないけど、ご本人も治療継続中ということで、経過が気になる。

食生活の重要さ

どうやら、マクロビとMEC食はライバル関係にあるらしい。というか、「長年アトピーに悩まされてきたけど、私はこれで改善したんだ!!」という思い入れの強さ同士が戦っている感じ…。笑い事ではない切実な思いの戦いだ。

俯瞰してみれば、結局万能薬なんてものはなさそうだ、という最初の認識に行き着く。

いずれにせよ、暮らす場所の空気、水、食事の大きさは否めない。渡米治療などは、環境改善とは全く違う側面からアプローチしているから、根治を目標にし得るのかも知れない。しかし、西洋医学と医薬品の効きの良さは、思いもしない副作用を背中合わせで孕んでいるから、私なら踏み出せない…。

家族としてのあり方

あとは、アトピー家族目線の話。

ある喫茶店でパラパラと見た本。旦那さんはそもそもステロイド使わずやってきた人なので、リバウンドに関しては読む必要はないだろうけれど、初心者目線での学びを知りたい。Amazonで買うと旦那さんに丸わかりで恥ずかしいのでどこかで見つけよう。

その他、疾患の基本について

アトピーは決して肌の病気ではありません!それが一番重要です。アトピーは自己免疫疾患です。

自己免疫疾患は、リウマチや喘息、全身性エリテマトーデスと同じ部類に入り、重篤な病気です。

アトピーは重症になると、肌から、大変毒性の強い黄色ブドウ球菌が血液に入り、心臓にくっついて死亡に至ります。私も二回、菌が入って入院しました。 このアトピーという病気は、一生治らない病気だということは肝に銘じておくべきです。 軽快させて日常生活を送ることは可能ですが、条件が揃えば、いつでもアトピーは悪くなるんです。アトピー素因といいます。主のDNAに書いてあるんです。

腹がたつのは

アトピー記事を探してあちきネサフしていると、ウェブの追跡型広告がアトピー関連商品で埋め尽くされてくる。

腹がたつのは、改善という言葉の多用。

アトピー患者の人は分かっている。

それらアトピーを消し去ってくれるものではないことを。

藁にもすがる思いで色々なものを試して、改善せず、散々振り回されてきたからだ。もしアトピっ子の苦悩を知っているなら、簡単に改善、完治なんていう言葉を出せるわけがないのだ。。人の本気の悩みをエサ場に利益を得ようなんて、正気の沙汰ではない。ダイエット商法と同じレベルで広告を打つもんじゃない。

対処の仕方も、家族としての付き合い方も方程式があるわけではない。

一つ確からしいのは、丁寧に、丁寧に生きるべきだとあうこと。

疲れすぎて眠れない夜

今日は本当に推敲もなしに、グダグダと書いてしまいます。

ここのところひと月ほど、慢性的に疲れている。多分、Webライターになりたいと思い始めたあたりから…笑。

高い志や無理な高望みは(両者のニュアンスは大いに違うけれども)、それに全く追いついてない現状を浮き彫りにして焦りを生む。期限が決まっていて差し迫ったタスクなら、その焦りはプラスに働くらしいのだが。私のそれは、今のところ靄の中でうごめいているだけだ。

加えて、旦那さんのアトピーが知る限りで最悪の時期を迎えていて、一番辛いのは本人だと理解しつつも、共同生活での気疲れが増えている。つい、水を天然水に替えてみたり、ストレスになりそうな発言を差し控えてみたり、搔きむしる音や動作が気にならないふりをしてみたり。

せっかく週末を迎えても、グッタリ寝て過ごしたり、イライラして悲壮感に苛まれたりして有意義に過ごせない。

グッタリしながら本屋に行って、冒頭の本を仕入れてきた。内田樹による賢げなエッセイ。基本的には、昨今のパラダイムに疑問を呈し、戦前の社会制度やパラダイムはさほど悪くなかったよ、と言うスタンス。

実際に「女性の働き方について、異常なサクセスモデルしか知らない現代女性」である身には、「そんなの無理だって!頑張りすぎないでよ〜」という無責任なまでのまとめ方に救われる部分がある。

愛だけで繋がる関係(婚姻に寄らない関係)は、一生「愛情の確認」という作業が付きまとってきてめっぽう辛いらしいですよ。婚姻に寄りかかって生きると楽なんだって。私は婚姻しているくせに愛情確認の毎日で、だんだん辛いかなぁ。気を付けよう。

あと、よく言われる「本当の自分探し をしてもそんなもの見つからない」理由は「人はいつだって語るべき過去を取捨選択して『キャラ作り』してるだけだから」らしい。だから、大いにキャラを作ればいいらしい。それで辛くなったらキャラごと捨ててトラウマ回避しろ、と。なるほど。

戦前家父長制度の長所を述べられたところで、それに戻れるわけではなし、核家族化は避けられないのだけれど、「『悪習』とされる前時代的制度が、楽な生き方のためにいかにユースフルか」という観点は新しくて、思考が少しリフレッシュできたな。

ilka(いるか)-通りすがりの善意-

PMSが年々ひどくなり、月に一週間は世界を呪うようになっている。先月も、息も絶え絶えPMS対策をググったら「いるか」というアプリが見つかった。

twitterのようなUIだが、ユーザ名もなければフォロー/フォロワー関係もない、完全匿名のSNSだそうだ。だから気兼ねなく発言できると。そんな説明を読んでちょっとダウンロードをやめそうになった。それほんまにSNSなん、と。

しかし「通りすがり」程度のつながりは担保してあって、これがかなりよかった。

こんな感じのタイムライン。

誰のものか分からない発言が、時系列に関わらず流れてくるのだが、それこそすれ違いざまに聞こえた呟きのように、次にリロードした時にはもう消えてしまっている(リロードするたびにタイムラインは一新されてしまう)。

だから、見かけて共感したら、その瞬間に「応援」か「共感」を送る。twitterと違って、一人頭いくつでも送れるらしい。めっちゃ頑張れ!!!!と思ったなら、10応援くらい送れる。

こんな感じ。

駅の構内や道端で、見知らぬ誰かに手を貸した時、貸した自分の心が癒される感覚がある。あれと同じで、見知らぬ誰かの悩みや苦しみに無言のエールを送っただけで、自分の心のどこかが癒されている。

逆もまた然りで、顔も分からない、縁もゆかりもない誰かから「分かるよ」「頑張れ」とエールを送られるのは、階段で転んだ時に優しい誰かに助け起こしてもらえた時のような、無償の善意を感じられるのだ。

本当なら、悩みや苦しみは現実の友達なんかに打ち明けて聞いてもらうのが一番なんだろう。しかしそれは、時にとてもむずかしい。

相手の事情や都合を考えると、不調を伝えることさえ気がひける。あまりにプライベートで打ち明けづらいこともある。心が沈みすぎると、励ましをもらっても「友達という関係上、慰めざるを得なくて言ってるのかな…」と言う気持ちになってしまう(これは私の性格が歪んでいるからだろうか)。

ilkaは、そんな片付けようのないモヤモヤを少しだけ癒してくれる、絶妙なツールだった。